水道から異音がする!修理が必要な時はどんな時か

水道の蛇口をひねった時に異音がしたら、どこかが故障しているのかと不安と感じる人は多いです。水回りのトラブルは突然起こることなので、いざという時焦らないためにも普段から対策法を知っておくとよいです。蛇口から聞こえる異音には種類があり、原因や対処法も異なります。ゴンやキーンの音は水圧が高い時になる音なので大規模な水道修理に至らないケースが多いです。しかしなかには早期に手を打たないと水道管の劣化が早まり後々面倒になることもあります。

■水を出し過ぎている場合の異音

とくに多い音は急に蛇口をしめた時のゴンという音です。ゴンという音は急に蛇口をしめた時水道管内に水がぶつかり起こります。ゴンという音はウォーターハンマー現象と呼ばれており、繰り返すと水道管が破損しやすくなるので、ゆっくりしめて水圧を弱めるとよくゴンという音もしにくくなります。どうしても音や水道管破損が気になる時は、水圧から守る専用装置を業者に付けてもらうと良いです。
キーンという音も水圧が高すぎる時に起こる音で、止水栓をしめると解消されるケースが多いです。ゴンとキーンとなる音は、水道トラブルの中でも軽く修理せず解消できた事例も多いです。

■水道修理すべき時の異音

水を出す際ヴーと振るえを感じる音の場合は、排水パイプ周辺の蛇腹ホースや止水栓から鳴っているケースが多いです。止水栓は蛇口より給水パイプ寄りについており、水のストッパーの役割をしている部分です。蛇腹ホースから音がしている時は直接触れると振動が伝わるのでわかりますが、取り換えの必要はなくヴーとなるのが通常です。止水栓からヴーとなっている時は、やや低い音が聞こえます。止水栓の壊れは部品の取り換えが必要です。
キュキュッとなる音は蛇口のカートリッジの劣化によって起きているケースが考えられ、蛇口 交換をしなくてはなりません。蛇口 交換は止水栓や給水パイプと蛇口につながるホースの接合部分にあるナットを緩める作業となるため、不安を感じる人は水道修理に業者に依頼すると安心です。

■まとめ
水道からはいつも何かしら音が聞こえてきます。異音は水回りの異常を知らせるバロメーターです。修理が不必要な時でも急な水圧による排水パイプの破損を予防するよう、そっと蛇口をしめましょう。
明らかにおかしな音がしたら早めに修理した方がいいです。水回りの部品の取り換えは壊れた箇所によって手順が違います。止水栓ではなく水道の元栓自体をしめないといけないケースもあります。自分の手に負えない時はすぐ専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ