洗面所の水道トラブルの修理方法や費用を紹介

洗面所の水道トラブルは多く、いざという時に水漏れを起こすと、日常生活に支障をきたし焦ってしまいます。身に覚えがないのに洗面所が濡れていた場合、水漏れの可能性が考えられます。洗面所が濡れていた際は、まず洗面台の下にある排水管まわりから水漏れしていないかチェックしましょう。洗面台の下の収納物を外へ出し確認します。排水管まわりの水漏れを確認しにくい場合は、少し蛇口をひねりどこから水が出ているかチェックすると分かりやすいです。

■洗面所の水道修理の方法

洗面所の水漏れは起きる箇所により修理方法が違います。シャワーヘッドあたりからの水漏れはシャワーホースの交換を行います。排水パイプと排水管をつなぎ目から起こる水漏れは、つなぎ目部分にあるパッキンの劣化やナットのゆるみが考えられるので、パッキンの取り換えやナットの締め直しで対処します。
洗面台の下の収納物が排水パイプを傷つけた時も水漏れは起こり、破損した排水パイプは新しい物と交換しなくてはいけません。排水パイプにつまった異物による逆流や水漏れは、高圧洗浄器などを使用しつまりを解消します。高圧洗浄器は専用ホースを排水パイプに入れ水圧で汚れを除去する機械です。下水道管まで徹底的に汚れを除去する場合は超高圧洗浄車を業者に依頼する方法があります。

■洗面所の水道修理の費用

業者に洗面所の水道 工事を依頼した場合は、基本料金と材料費がかかります。材料が多い時や高度な技術が必要な際は追加料金が発生しやすいです。作業料金が決まっている業者に水道修理を頼めば、おおよその修理費用を事前に把握できます。費用はホームページや電話で確認すると安心です。
高圧洗浄器などの特殊な機械で修理した場合、基本料金に別途かかることが多いです。蛇口交換は単水栓や混合水栓の種類により値段が変わるケースもあります。洗面台自体の交換は処分費用が別途発生することも忘れてはなりません。パッキンの交換やナットを締める程度の修理は自分でも行いやすく費用も安く済みますが、自分で修理をすると完全に修理できないリスクも伴います。

■まとめ
洗面所の水道トラブルは起きる前に対策するとよいです。排水パイプをキズつけないよう洗面台の下に物を入れ過ぎない、排水管をつまらせないよう髪の毛や使い捨てのコンタクトレンズを流さないなど日ごろから気を付けましょう。パッキンは経年劣化しやすい部品なので、こまめに劣化具合を確認するのも一つの対策となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ