キッチンの水道トラブルは自分で修理できるのか

キッチンの水道トラブルで多いのは排水口からの逆流です。排水口から逆流した場合、洗い物ができないため調理ができず生活に影響が出てしまいます。
排水口の逆流の主な原因は油のつまりです。油はワントラップや蛇腹ホースに溜まります。ワントラップとは排水口の上にかぶさった、お椀の形をしたトラップ部分です。蛇腹ホースは入水栓に繋がっている部分です。
揚げ物をした後の油は、固めるまたは紙に吸わせ、資源ごみに出す家庭が多いです。しかし鍋やお皿に残った油が排水口付近に蓄積されると、水が流れにくくなり最終的には詰まってしまいます。

■自分で水道を修理できる場合

簡単なキッチンの水道トラブルなら自分で治す方法もあります。まずゴミ受けの目の部分を歯ブラシやタワシで磨きます。排水口は中性洗剤をたくさん含ませたスポンジで外と中を両方洗浄します。排水口掃除の際はゴム手袋を使用しましょう。シンクの流れが悪い時はパイプ洗浄液を排水口に流す方法もあります。ただ塩素系のパイプ洗浄液は別の洗剤を加えて使用すると有毒ガスを出すこともあるので、使用時は別の洗剤を混ぜて使用しないように気をつけます。

和式トイレがつまった時に使うラバーカップも、シンクのつまりに活用できます。カトラリーなど大きな物がつまっている時は、ラバーカップを使うと悪化することもあるので、水道の知識がない方はむやみに使用しない方がよいです。

■業者に水道修理を依頼した方がいい場合

自分で修理できない時は、業者に水道 工事をお願いした方がいいです。業者にお願いするメリットは、業務用の機械を使い安全に修理してくれることです。シンクの逆流の原因となるつまりは、ローポンプという専用クリーナーを使用し対処してくれます。高圧洗浄器で汚れを掻き出す方法もあります。
水道のつまりが酷い時は、汚れを洗浄するだけで済まず、排水パイプまわりを分解する必要もあるため素人では難しいです。蛇腹ホースに汚れが蓄積している際は、蛇腹ホースごと交換しなくてはいけない場合もありますので、業者に頼んだ方がよいです。

■まとめ
大規模な水道修理にならないためにも、日頃から油を排水口に流さないようにしましょう。油を紙で拭き取り、食べカスはゴミに捨てます。排水口やワントラップ部分なら自分で洗浄できるので、週に1~2回を目安に掃除し油づまりを未然に防ぐとよいです。
万が一油を流した時はお湯を流し溶かすと固まりにくくなります。完全につまると排水パイプごと交換しなくてはいけないため、流れにくいと感じた時に早めの対策を行うことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ